ビジネスビギナーにおすすめ!小売業のフランチャイズで独立開業

男の人と女の人

業者選びのコツ

タオル

店舗で使用するタオルは、自店舗で洗濯して使うよりもレンタルタオルサービスを利用する方法が便利です。サービスの良し悪しはタオルの質やクリーニングのクオリティに関わるので確認しておきましょう。

More...

海外進出の足掛かり

男性

海外進出を検討している上でアジアの中継地点である香港は、非常に魅力的でしょう。交通網やネットワークもさることながら、法人税が圧倒的に安いのが魅力でビザ取得を目指される企業が多いです。

More...

ビギナーでも大丈夫

握手

独立開業することで、自分の夢を叶えたり好きなことを仕事にしたりすることができます。そのため、いろんな業種で自分のお店を持つために、下準備を始めている人も多いでしょう。特に小売業は生活に密着した物販店になるので、初心者でも入りやすい業種になります。ただ、ビジネスとして成功できるかは別であり、小売業でもちゃんと利益を上げられる体制を構築しておかないと失敗するリスクは高まります。ですから、初心者の場合はリスクヘッジをなるべく考えた上で独立開業をイメージしていくことが大切です。

リスクヘッジを第一として独立開業を目指すなら、フランチャイズでのスタートがいいでしょう。フランチャイズなら、すでに成功したビジネスモデルを軸にビジネスをスタートすることができます。ですから、一からやるよりもリスクは低くすみますし、オーナー会社のサポートを受けて成功するチャンスがつかめます。ですから、安定した売上の確保が見込めるでしょう。
それに、フランチャイズが一番いいのは、独立開業で苦労しやすい集客の手間がかからないこと。すでにネームバリューのあるオーナー会社があるからこそ、集客の宣伝・広告に苦労せず、もともと認知している人達が利用してくれるという大きなメリットがあります。

小売業を主体としたフランチャイズの募集はたくさんあります。ですが、それぞれに条件があるので確認をした上で契約を進めていく必要があるでしょう。特に加盟料や月々に支払う経費、条件によって自分の希望する開業スタイルであるかどうかが決まります。運営方針も今後にかかわってくるところなので、納得のいくオーナー会社を選ぶことが大切です。

まとめ買いがベスト

握手

飲食店では必須のアイテムである業務用食器は、卸売りの専門店で購入できます。さらに、インターネットの注文ならまとめ買いをすると、送料無料になったり単価が安くなったりするのでお得になります。

More...