ネームバリューのあるフランチャイズで独立開業|ノーリスクで挑む

メンズ

海外進出の足掛かり

男性

グローバルな社会になってきた今、企業の運営も国内だけではなく海外に目を向けるというケースも増えてきました。その中でも身近なアジア諸国は、ビジネスの中継地点や進出第一歩として視野にいれているところも多いでしょう。特に香港は、日本企業の進出が多くビザを申請してビジネスを展開しています。なぜ、香港でビザを取得して拠点を作るのかというと、アジアの中でも中継地点との役割を果たしていることが大きいでしょう。空路、陸路、海路のすべてで各国につながるネットワークを持っている香港は、ビジネス戦略を立てやすい環境にあります。また、法人税が最大でも16.5%という驚異的な低税率も見逃せないところであり、売上が拡大すればそのまま利益に直結しやすいのも大きなメリットです。

海外の拠点としては魅力的なポイントが多い香港ですが、簡単に拠点を作ってスタートできるわけではありません。就労にかかわるビザを申請して取得しなければビジネスを始めることができない点は必ず確認しないといけないでしょう。ビザさえ取得すれば法人設立登記は早いですし、金融商品が豊富で投資もできます。ですから、スピーディにビザを取得することが一番の関門なのです。ただ、現地にちょこちょこ出向いて準備したり申請したりするのは非常に大変です。この問題を解決する手立てとしては、専門会社のサポートを受けるといいかもしれません。専門会社なら現地でビザ取得に必要な書類の調達や申請代行を行なってくれるので、時間のロスが発生しない形で進められます。